慰霊祭(6月30日)

事故が発生した6月30日に、「石川・宮森630会」と遺族会の共催で、宮森小学校でジェット機墜落事故犠牲者慰霊祭を執り行っています。慰霊祭には遺族、体験者をはじめ多くの市民、県民が参加し、犠牲者のご冥福を祈り、二度とこのような惨禍が起きないよう平和な沖縄を希求する決意を新たにしています。当日は宮森小児童会主催の追悼式も行われます。

関連施設のガイド

うるま市石川庁舎ロビーの常設写真展の説明、墜落現場の宮森小学校への案内を行っています。ガイドご希望の方は「お問い合わせ」のページにて必要事項を入力して申し込んでください。

平和講話

1959年6月30日に発生した宮森小ジェット機墜落事件。この事故の概要、その歴史的意味等について学校や地域などに出向いて講話を行っています。県外の学校や一般の団体が宮森を平和学習の目的で訪問される場合は、その方々むけに平和講話を行っています。

写真の貸し出し、出張写真展の実施

630会が所有している事故の写真を学校や地域で展示希望の方には有料にて貸し出ししています(一枚100円、20枚以上は2,000円)。

630会独自に地域や県の平和月間期間に写真展を実施しています。主に慰霊祭を前後した県庁での展示、沖縄市平和月間期間中の沖縄市役所での展示を毎年行っています。

県庁展示

証言の収集、証言集の発行

事故の遺族や体験者から証言や手記を寄せていただき、今まで3冊の証言集、1冊の資料集を発行してきました。2019年の60周年にむけて、証言集④を発行する予定です。

 関係者で証言や手記、写真その他提供していただける場合は630会までご連絡ください。

沖縄の空の下で三冊セット ②